凄い若手選手がたくさんいる

ヨーロッパサッカーには、現在活躍している20代前半くらいの若手選手がたくさんいます。移籍金なども日本とは比べられないほど高額になっています。

ヨーロッパサッカーは、文化や地域に根差していて、サッカー選手になりたいという夢を持った子供たちが、小さいころからサッカーに触れる機会がほかの地域に住む子供よりも多いです。そういった子供たちは、小さいころからレベルの高いサッカーの試合などを目にする機会も多く、クオリティの高い選手が育ちやすい環境に置かれているのです。

ヨーロッパサッカーの若手選手がどのくらい凄いかというと、世界的に有名な一流と呼ばれる選手たちに混じって試合をしても、そん色のないすばらしいプレイをすることができるところです。例えば、ゴールを決めるのは当然のこととして、ゴール前のアシストも的確ですし、自分だけでなくほかの選手とも連携して凄いプレイをみせてくれます。ヨーロッパサッカーの若手選手は、ワールドカップの出場選手に選ばれたり、ヨーロッパだけで行われている欧州サッカー連盟の主催で毎年開催されているUEFAチャンピオンズリーグにも出場するなどしています。これからも長く活躍が期待されます。

若手選手